2020年に寄せて

新年あけましておめでとうございます。

なかなか更新されない店主ブログにも関わらず、覗いてくださっている皆様。
いつもありがとうございます。

久しぶりの深夜焙煎の徒然に、珈琲片手に雑文でも綴ってみようかなと。

WW3などと物騒な単語がツイッターのトレンド入りしていたりと、2020年は何やら不穏な幕開けのようですね。

金沢の石引に小さなお店を始めて2年と半年が経ちました。
2度目のオープンからも4ヶ月を経て、随分と肩の力が抜けてきたように思います。

焙煎はかなり安定してきた一方で、後回しにしているあれやこれやが滞っていたりと、まだまだ力不足だなあと。やっぱり、お店ってナマモノなので日々少しづつでもいいから手入れしないと、すぐに廃るということも痛感しているところです。

今年の抱負は、ただがむしゃらに走ってきた日々にさよなら。

今まではハイパーダッシュモーターでミニ四駆みたいに壁にぶつかって進行方向を変えてきたのですが、徐々に自分ができることを一つづつ、ぼちぼちやっていくような形にシフトしたいなあ、と。

本に関してもそうだし、珈琲の焙煎ももちろんなんですが、これまで散々ストックしてきたあれやこれやを徐々にフローさせていきたいと思っています。

具体的には、

・焙煎機を開放して、コーヒーフリークのためのコミュニティーを形成する。
・コーヒーと直接は関係ないけれど、今後30年(〜2050年)くらいの時間軸で、自分や家族、そしてお店を中心にした関係性をブラッシュアップしていく機会を定期的に作る。

上記2つの試みをティザー的に落とし込んでいく予定です。

基本的に腰の重い店主ですが、「よっこいしょーいち!」と掛け声かけつつてくてく歩んでいこうと。

これからどうやって生きてどこへ向かって歩いてゆくのか。

ミクロ的な視点と、マクロな情勢を鑑みつつ、いい感じの「落とし所を探る」ような一年にしたいと思います。

まだまだぼんやりとではありますが、最初からかっちりとした形にせず、自然発生的に立ち上げていこうと。

どこかに書いておかないと有耶無耶になってしまうので、やっぱりお店のブログに書いてみました。

今年も白昼夢のようなことをオフィシャルにつぶやく店主をどうぞよろしくお願いいたします。